アンテナの種類は何がある?

テレビの放送を見るためには、必ずアンテナ設備が必要になります。アンテナ設備には種類があり、形や設置場所が異なります。はじめに、地デジ用のアンテナの種類について紹介します。街を歩いていて、住宅の屋根の上によく見かけるのが、魚の骨のような形をした「八木アンテナ」です。骨ような部分は素子と言い、この本数とアンテナ設置の角度によって電波の受信状況が変わってきます。一般的なアンテナですが、屋根などの受信しやすい所に設置する必要があり、設置も風などに耐えられるようにする必要がありますので、工事は専門業者に任せましょう。アンテナの種類として、もう一つは「デザインアンテナ」があります。主に建物の壁面に設置される事が多く、見た目が良いのが特徴です。新築住宅などで採用されるようになってきた新しいアンテナです。壁面設置と言っても、配線工事や壁に穴を開けるなどの貫通工事が必要になる事があり、やはり専門業者に任せるのが無難です。

その他、BS・CS放送用のアンテナもある。

アンテナの種類については、地デジアンテナの他に、BS・CS放送用のアンテナがあります。元々、分離していたBSとCS放送ですが、今は統合されており、アンテナひとつでどちらの放送も見る事が出来ます。但し、受信料の支払いなど有料放送を見るには事前に契約が必要ですので工事に加えて確認が必要です。BS・CS放送用のパラボラアンテナはベランダなどで良く見かけますが、設置は一見簡単に見えて結構難しいです。角度や向き、設置場所については受信にかなり影響しますので、自信がない人は専門業者に任せる事をお勧めします。

専門業者によるアンテナ工事では、豊富な経験をもとに安全かつ確実な工事を行うため、より安心して作業を任せられます。