LEDのメリットについて

LEDのメリットは、まず省エネの照明機器です。消費電力が従来の蛍光灯や白熱球よりも少ないです。さらに長寿命ですので交換の頻度がほとんど必要ありません。また機能も向上しており、明るさの調整やタイマーはもちろん、色を変えることができるので使用するシーンにおいて快適に利用することが可能です。照明色も白だけではなく赤や青といったいろいろなカラーバリエーションがありますので広告や掲示板にも最適です。

この特性を利用することで、同じ電力消費量でも明るいので、照明設備そのものの数を削減することができます。また、交換の手間がなくなります。電気代の削減などランニングコストの低減にもつながります。照明の機能をコントロールすることで作業性の向上や、環境改善につながります。

LED導入の概要説明

LEDの導入は、LED機器をすぐに取り付けるだけで対応できるとは限りません。まず、電球タイプの場合は、LED仕様を購入して取り付けるだけで完了します。ただし、電球の価格が従来より数倍高くなるので注意が必要です。まとめ買いをすることで単価を抑えることが可能です。次に蛍光灯タイプですが、従来の安定器という機器が使えないのでおおもとの工事が必要になりますので初期投資がかかります。シーリングライトのタイプやペンダントタイプも本体そのものを購入しなおさなければなりません。寿命は長いですが原則寿命が来たときは本体そのものの交換になります。

このように初期投資が高いですが長く使うことで投資対効果が得られる特徴があります。

LEDライトパネルは、LEDを光源として広告面を映し出す方式で、ランニングコストが安いのが特徴です。