物作りの現場で活躍をするCAD

CADは、設計を助ける為のソフトです。

家やビルは勿論、自動車や飛行機、電化製品をはじめ、様々な物を作る上で図面は欠かせません。手作業で製図を仕上げていく事も可能ですが、より効率的に作業を進めていきたいのであれば、CADの活用が便利です。

生活をしている中でCADそのものに触れる人は少ないでしょう。ですが、世の中にはCADで設計された物が溢れ、生活を便利にしています。

仕事としてのCADとは

CADを使った仕事といえば、CADオペレーターです。

設計に関する知識や技術がなければ、働く事ができないのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、このCADオペレーターというのは、設計に関する知識は必要ない事が殆どです。

求められるのは、設計ではなく図面の変更や修正です。

指示に合わせて、図面を調整していく事が主な仕事で、一見地味な仕事ですが、意外と難しく、完成した図面を見ると達成感を感じる事ができます。

独学でも勉強ができるCAD

CADは、専門学校や通信講座で勉強をする他、独学でも勉強が可能です。

パソコンとソフト、プリンタと参考書等があれば、いつでも手軽に勉強を開始できます。ただ、ソフトが高いのではないかと不安になる人もいるでしょう。しかし、現在はフリーソフトもあり、気軽にCADに触れる事ができるようになっています。

本格的な知識や技術を身に着けたいのであれば、専門学校での勉強がおすすめですが、まずは合うかどうかを確かめたいというのであれば、独学から始めてみるのも良いでしょう。

電気CADは、プリント基板の設計をするものです。多層基板の設計も色分けされていて楽に設計ができます。