スナップを使ったネームタグの作り方

ネームタグにスナップをつけておくと、急いでいる時にもすぐに取り付けられて便利です。作り方としては小さな布を端々を内側に折り込みながらネームタグの形をつくり、半分に折ってアイロンでしっかり型付けしておきます。どうしても型付けできない場合はミシンや手縫いで固定してから、表面にネームシールを貼り付けておけばネームタグの形は完成です。後は内側にスナップを取り付ければ簡易的なネームタグが出来ますし、色々な布を利用すればバリエーション豊富なデザインが出来ます。

ビニールコーティングしたネームタグも作れる

水筒など水で濡れやすいものにつけるネームタグには、濡れないようにビニールコーティングを施すのがオススメです。ビニールコーティングの方法は、コーティング生地をネームタグとして利用する生地に合わせてステッチしてから縫いつけるだけです。そこからはスナップをつけても良いですし、パンチで穴を開けたらハトメを打ってチェーンを通す方法もあります。

キーホルダー型も革素材があれば簡単

ほかにも人気が高いキーホルダー型のネームタグの場合は、革素材を好きな形に切り取ってネームタグの元となる布を内側に入れる形で固定します。革素材の方にはネームタグ用の窓を作ってコーティング生地などをボンドで貼り付けておき、タグを入れる入り口以外をミシンなどで縫い付ければ大丈夫です。出来たネームタグにはコーティングしたネームタグ同様にハトメを打ってチェーンを通しておけばどこにでも使えますし、革素材で作っているので頑丈な作りにできます。

子どもの入園入学に必ずいるネームタグですが、今では市販のものだけでなく手軽に手作りでき可愛く仕上がるものがたくさんあります。