ガンの三大治療と併せて行われています

ガン治療には3大治療法と呼ぶ、抗がん剤を使用した薬物療法、放射線を利用した放射線治療、手術を行ってガン細胞組織を摘出する外科手術の3種類です。これに加えて免疫細胞を培養し、がん細胞組織を死滅させる免疫療法などでガン治療を受ける事が出来るようになっています。最近はガンの最先端治療法として注目を集めているのが遺伝子治療です。遺伝子治療は、抗がん剤治療や放射線治療、免疫療法などの治療効果を増強する、複合治療を行う事で相乗効果を期待出来る治療法で、ガンの再発予防、再発してしまったガンに有効と言われています。さらに、3大治療法は標準治療と呼ばれているもので、治療は決して楽ではありません。苦しみながら治療を受けても甲斐もなく亡くなるケースも少なくありません。尚、免疫療法や遺伝子治療を標準治療と併用する事は、ガンの再発防止だけではなく、抗がん剤に打ち勝ったガンの再発治療にも役立てる事が出来ると言われています。

遺伝子治療はすべてのガンに優れた効果

遺伝子治療はガン細胞の無限増殖を停止させる、自然な細胞死を迎えさせる治療法です。自然な細胞死の事をアポトーシスと呼びます。抗がん剤を投与する治療の場合、ガン細胞以外にも正常な細胞組織も死滅するリスク、抗がん剤では死滅しないガン細胞組織が残るリスクがあると言われています。尚、遺伝子治療はガンの種類、病期などに関係なく優れた効果を発揮すると言われています。ガンは遺伝子の異常により発症するもので、遺伝子に直接作用する遺伝子治療はすべてのガンに効果を示すメリットを持っています。

さくらクリニックの公式サイトはこちら